レセプト業務の効率化|少額で独立開業できるハウスクリーニング|需要のあるサービス業
婦人

少額で独立開業できるハウスクリーニング|需要のあるサービス業

レセプト業務の効率化

メンズ

保険請求を効率化するには

骨や関節・筋肉などの怪我の治療に幅広く行われている柔道整復術は、日本で独自に発達してきた伝統的な治療技術です。実施するには柔道整復師の国家資格を取得する必要があり、資格を有する人が接骨院を開業することで治療に対応することができます。柔道整復術は医療行為に準じる扱いとされているため、骨折や脱臼・捻挫・挫傷・打撲といった怪我の治療には健康保険の適用が認められます。国家資格の保有者が接骨院を開業した場合に、最も大きな負担を強いられるのがこの保険請求に関わるレセプト業務です。レセプトとは医療機関が市町村や健康保険組合といった保険者に対して提出する医療報酬明細書を意味し、請求が認められなければ健康保険が適用されません。そのためレセプト請求は非常に重要な業務ですが、書類に不備があって返戻されるケースが多く、業務負担も大きくなっているのです。多くの接骨院は小規模経営のため、そうしたレセプト業務のために専任の事務員を雇用するだけの余裕を持っていないものです。そのようなケースでも接骨師会を利用することによって煩雑なレセプト業務を代行してもらえるため、余計な事務作業に煩わされず治療業務に専念できます。

開業から経営までサポート

保険請求が通りやすいように事前のレセプトチェックなどを実施している接骨師会では、保険請求代行以外にも多くのサポート業務を行っています。接骨院を新規に開業する場合でもあらかじめ接骨師会を利用することによって、事業計画書作成から物件探し・内装業者の紹介といったサポートを受けられるのです。接骨院を開業するに当たってはさまざまな医療機器を導入する必要が出てくる場合もありますが、機器販売業者の紹介や導入アドバイスなども接骨師会が行っています。開業後の接骨院で経営がなかなか軌道に乗らないというケースでは、広告戦略などを工夫することでも改善できるものです。そうした点でも接骨師会の実施しているコンサルティング業務を通じて有利となりますので、その利用価値はレセプト代行業務だけではありません。実際に多くの柔道整復師が接骨師会のサポートを受けながら接骨院経営を安定軌道に乗せ、それぞれの地域に根づいています。地域の人たちに愛される接骨院を作っていくためには、日常業務から経営までを支えてくれる存在が欠かせません。多くの成功事例が示しているように、繁盛している接骨院のバックには接骨師会のサポートがあるのです。