需要数を把握すること|少額で独立開業できるハウスクリーニング|需要のあるサービス業
婦人

少額で独立開業できるハウスクリーニング|需要のあるサービス業

需要数を把握すること

料理

客単価と来店数

成熟された市場である飲食店では、経営を行う際に客単価を常に把握することが大事なポイントになります。昼と夜で営業形態を変更するなど数多くの集客を行うために工夫している店などは、経営形態に応じた客単価を計算することが大事になります。客単価の計算を行うために導入すべきシステムがPOSシステムです。販売店アドで活用しているPOSシステムですが、レジのミスなどの防止にも役立ちます。最近では、タブレット端末などを利用して行う事もできますので、イニシャルコストをかけずに導入することも可能になっています。客単価の把握とともに来店数を乗じて売上予測を出します。飲食店の経営は来店数予測がポイントになるのです。実現可能な範囲で計算することが大事です。

マーケットを把握する

平均時間が30分で席数が10の場合、一時間当たり最大で20人になります。しかしこれを30に増やすことは現実では不可能になります。しかし席数を増やしたり、平均時間を短くして回転率を高めるなどの工夫を行う事により、実現可能になるのです。しかしこれにはマーケットの状況も加味しなければなりません。マーケットの人数が25人であれば、30人は満たすことは不可能になるのです。そのため、飲食店の経営で大事なのは時間帯別のマーケット予測を算出したうえで、増やすことのできる可能性があるかどうかを判断する事に尽きます。そのうえで、集客の工夫をとるべきなのです。マーケットを無視して飲食店の経営を成功させることはできないのです。