男の人

少額で独立開業できるハウスクリーニング|需要のあるサービス業

少額で始める事業

掃除

独立を考えた場合、ハウスクリーニング業界について知悉しておく必要があります。まずハウスクリーニング業界参入障壁が低いという特徴があります。他の業界であれば新規参入するのにいろいろな乗り越えるべき壁がありますが、当該業界においてはそのようなものはほとんどありません。たとえば、その1つとして資格の問題があります。開業するに当たって必要な資格はありません。国家資格もありません。そのため、気軽に誰でも始められるという業界独特の利点があります。だからこそ、不景気になるとハウスクリーニングを開業しようという人が非常に増加します。リストラや脱サラで新たな道を見つけるのに、参入障壁の少ないハウスクリーニングは魅力的なのです。

ハウスクリーニングは一般家庭や、空き室になったマンションやアパートの部屋を清掃することが主な仕事になります。清掃は性別も年齢も関係なく行うことができますので、誰でもすぐに始められます。通常は事業を開始しようと思ったら開業資金は300万円から500万円程度かかります。しかしながら、ハウスクリーニングを開業するときには新しいオフィスである必要はありません。自宅でも問題ありませんし、清掃道具と車があれば十分です。そのため、節約しようと思えばいくらでもできます。したがって、人によっては開業資金は100万円程度でも可能です。人が生活する上でゴミは必ず発生しますので、経営がうまく軌道に乗れば安定的な収入を得ることができます。

需要数を把握すること

料理

飲食店の経営は客単価と来店数を乗じた売り上げを工夫する事から始まります。しかし来店数を拡大するためには、マーケット状況を抑えておく必要があります。マーケットの需要がない状態での工夫は意味をなさないからです。

詳細へ

レセプト業務の効率化

メンズ

柔道整復師の資格を取得して接骨院を開業した場合、最も大変な仕事は保険請求に関わるレセプト業務です。レセプトに不備があると保険請求が認められませんが、接骨師会に加入することでレセプト業務を代行してもらえます。接骨師会は接骨医の開業から経営までを幅広くサポートしており、医療機器などの紹介も行っています。

詳細へ

仕入れも簡単で利益アップ

女性

中国製品は価格が安く、輸入サポートを行う中国輸入代行も多いことから日本で良く販売されています。通販サイトの多くは中国製品を販売しているため、中国輸入代行業者は欠かせないサポート役として利用されています。

詳細へ